借入残高の把握の大切さ

カードローンやキャッシングは、手軽に必要な現金を借りる事ができる事で人気のサービスです。ただ、利用を始めた後は、常に借入残高を把握しておく事が重要になってきます。借入残高とは、借り入れをした金額から、これまでに返済をした金額を差し引いた金額です。この金額をしっかりと把握していなければ、必要以上に借り過ぎてしまい、支払う利息が多くなってしまう原因となります。

現在、借入をすれば、翌月からリボ払いでの返済が始まる事が一般的です。リボ払いの場合、月々1万円等、決まった金額を返済していく事になります。ただ、1万円ずつ返済をする場合、その1万円の中には借入金と利息が含まれています。例えば、10万円借りて1万円ずつ返済した場合、10ヶ月後に残高はゼロになるかといえば、10ヶ月後ではまだ返済は終わっていない状態になります。

利息を支払う必要があったとしても、10ヶ月も返済を続ければ、残高はあと少しと考える人もいますが、最初の間は、1万円を返済してもその多くは利息で、残高は殆ど減っていない事になります。毎月決まった金額を返済していると、残高もその分減っていると錯覚を起こす事があり、毎月返済をしているのだからと、新たに借入をすると、想像しているよりも借入残高が増えてしまう原因となる上、完済までの期間も長くなってしまう事になります。完済までの期間が長くなればそれだけ、支払う利息も増えていく事になります。

ですから、借入をして、返済を始めたら、毎月返済をしていると簡単に考えるのではなく、借入残高をしっかりと確認しておく事がおすすめです。そして可能であれば、まずは完済を目指すという事が有効です。それにより、必要以上の利息を支払わなくても良い状態を作る事ができます。リボ払いの場合、引き落としがあるかのみを確認するという人は少なくありません。ですが、返済が始まったら、引き落としの有無だけでなく、現在の借入残高を把握しておく事が大切です。