借入限度額を予想する

借入限度額は、最終的には審査を受けてみなければわかりませんが、ある程度は予想ができます。大手の消費者金融のカードローンなら、アルバイト・パート、自営業の人は20万円~30万円、派遣社員、契約社員の人は30万円~40万円、正社員の人は50万円くらいというのが目安となっています。限度額が10万円となってしまう人は、他社からの借り入れが多すぎたり、過去に延滞を繰り返していたりといったことが原因となっているケースが多く、かなり属性が悪いと判断されたということなので注意をしておきましょう。

銀行のカードローンで借りる場合にも、だいたい同じくらいが目安となるでしょう。しかし、銀行のカードローンを利用する場合には、すでにその銀行で取引があると、大きな金額を借りられる可能性もあります。例えば、同じ銀行で住宅ローンを借りているケースや、給与振込みの指定口座としているケースなどです。すでにその銀行で長く取引をしていて、信用が築かれている場合には、最初から高額な借入限度額が設定される可能性も高いです。さらに、住宅ローンを借りているケースでは優遇金利が適用されることも多いです。

借入限度額については、後で増額することもできますので、将来大きなお金を借りる予定がある人は、あらかじめカードローンを1枚契約しておくというのも手です。カードローンを新規で契約をして、限度額が50万円となったとしても、およそ半年ごとに限度額増額審査に申込みをすることができますので、3年後には限度額が100万円を超えているということも珍しくありません。将来的に限度額800万円、金利3.0%といったような好条件のカードローンを持ちたいと考えている人は、早い段階で自分に合ったカードローンを1枚契約しておいて、少しずつ限度額を上げていくのがよいでしょう。クレジットカードのキャッシング枠などはすべてゼロにしておくことで、審査で有利になります。延滞をすると信用が下がるので、気をつけておきましょう。